深く黒い海底を進んでいる毎日。

最初のころは「みんなにできることが、私にできないってことはないはずなんだ」と思って頑張った。

仕事も行きたくないと思いながら行った。

今日は良いことがあるかもという希望を持って、無理やり職場に足を向けた。

でも、やっぱり変わらなかった。

深く黒い海底を今日も進んでいる。

前も後ろもない。感覚もない。黒いことすら何も感じない。

おそらく、これまでの生活の中で、ささやかでも楽しめることやうれしいことはあっただろう。

そんなことすら気づけない。

いつまで続くの。

でも本当は分かっていたの。こうなることは分かっていた。

自分だけではどうにもならなかったの。こうするしかなかった。

感覚のない自分と状況を冷静に見ている自分がいる。

やっぱり青い海が見たい。

ある時、偶然にも一つのきっかけを見つけた。

自宅以外に居場所ができた。

時には、居場所に行くことに気持ちが進まないこともある。

それでも、居場所に行ってみると、なぜだかうれしい気分になる。

でも、うれしい気分は続かない。

家に帰るといつの間にか消えちゃう。

また、深く黒い海底が広がっている。

その繰り返し。

そして、今日も深く黒い海底を進んでいる。

ただ以前と一つ違うのは、感覚に触れることができるということ。

本が読みたい。マツコの番組が見たい。ウクレレが弾きたい。居場所に行きたい。

その瞬間は、海の色が少し青く見える。

ささやかでも暖かい感覚を感じられる。